まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所に立っていた私に、
突然、右肩から腕に激痛が走った。
その痛みは、二時間程度治まることなく痛み続けた。
立っていられなく、腕が動かせなくなり、しゃがみこみ様子をみると、数時間後、何事もなく治まってくれた。

病院に行くことを迷ったけど、やっぱり行くことにし、旦那に整形外科に連れてもらった。

その頃にはすでに痛みもなく、とりあえず首のレントゲン撮影。

「頚椎の椎間板ヘルニアかもしれない」そう言われ、すぐさま「MRI」の撮影にはいった。

結果、診察室に呼ばれ入ると、やはり「頚椎椎間板ヘルニア」を発症しているとのこと。
椎間板の第4、5、6を2カ所損傷しているうえ、ほとんどの椎間板の水分が黒く写し出されていた。

治療法はとりあえずリハビリ。

・ホットパック
・電気療法
・牽引
・マッサージ

痛みがあるときは毎日でも通院が必要。

一生治らないらしいが、現状維持をする為に、日常生活を気を付けていかなくてはならない。

まだ発症したばかりで、付き合い方が分からず、毎日リハビリに通っても激痛を繰り返す。

一生付き合っていかなければならないのかと思うと、
憂鬱になる…


クリックして応援して頂けると幸いです。→
スポンサーサイト

【2008/11/04 20:12】 | 頚椎椎間板ヘルニア
トラックバック(0) |

Re: 頚椎椎間板ヘルニアの発症。
山野大輝
あきゃみ。さん

コメントさせて頂きます。

昨日メッセージのお返事を頂いた山野大輝と申します。

その後、具合はどうですか?

あきゃみ。さん。落ち込まないで下さい。心配です。

あなたが落ち込んでると、みんなも元気を失います。あなたはみんなに勇気を与えているのです。

それは自分にも言える事です。

人間は1人では生きてゆけません。最近痛感しています。人1人では1にしかなりませんが、人がもっといれば2にも3にもなります。1+1=3にもなる可能性もあります。逆に-1になることもありますが。刺激し合える仲間がいる事はとても幸せな事であり貴重です。自分は人間関係はそうでありたいです。

辛い時ももちろんあります。けれど自分はその仲間がいたから今までまだやってこれています。ですから感謝も凄いしていますし、今度はそれを自分が相手に返してやりたいと思うのです。そうやってどんどんお互いを高め合っていきたいのです。

ですから、どうか前向きになってほしいです。辛い時は自分達が何でも聞きますし、支えます。一緒にやっていきましょう。

自分も最近正直辛くないとは言えない状況でして。落ち込みます。でもその間でも時間はすぎてゆきます。また、そういう時に気付かされる事もありますよね。人の温かみだったり。

すみません。こんな長々と。

山野さんへ。
あきゃみ。
こんばんは~
さっそくコメントありがとうございます。

せっかく励ましのコメントをいただいたばかりなのに、
弱音をはいてしまいました、すみません。。。

でも今日は昨日より、少し元気になっています。


山野さんには山野さんの悩みがあるようで、辛い日ももちろんあることでしょうね…

人は落ち込んで、限界までくると、あとは上に上がっていくだけになり、楽になるという話しを聞いたことがあります。
もちろんまた落ちてしまうこともありますが…

本当にそのとおりだなぁって思います。

だから大きくまとめた言い方をすると、

「人生山あり谷あり」

という言葉があるのかもしれません。


山野さんはもちろん、世界中の人に明日も素敵な光が射しますように…

コメントを閉じる▲
「頚椎椎間板ヘルニア」の痛み。

痛みを感じて辛いからと自分に甘えて、何もしないわけにはいかない。
何かしなければ…そう感じた。

辛いならなんとかして、痛みから解放されたい。

理学療法のリハビリに通いながら、
痛みをできるだけ発症させずにいるための予防を自己流で実行中。

・ウォーキング(以前からやっている、歩く振動はほどよく首の筋肉を強くするらしい)
・お風呂で自身で全身マッサージ。(特に首まわりの筋肉ほぐしや、肩凝りのツボ押し)
・自宅でホットパック(首から肩にかけて。肩凝りが楽になる)
・自宅ヨガ(自己流、腰痛予防の為に)
・カイロプラクティック(体の歪みを治して、中から自然治癒を目指して)
・日常生活の姿勢(一番の基本。今まで立ち方など気にしてなかった、正しい姿勢を意識している)


どうやって付き合っていったらいいのか、曖昧だけど、
できることからまずははじめてみた。
病気と向き合っていくって、大変なことです。


クリックして応援して頂けると幸いです。→

【2008/11/14 01:19】 | 頚椎椎間板ヘルニア
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


08/12/23 01:07:06の鍵コメさんへ。
あきゃみ。
こんにちは(^-^)
お返事が大変遅くなってしまいすみません。

ご自身の大変な思いをなさった実体験を、
親切に教えてくださり、とても参考になりました。
それ以来、私自身も腰をまわすなど、心がけています。

体のどこが悪くなっても、本当に不自由しますね…。今以上に悪くならないようにする為にはとか、
以前のように元に戻るにはとか、
そのために一生懸命になれるものです。

その後お体の調子はいかがでしょうか?

またメールでもコメントでも結構ですので気軽に遊びにきてください(*^^*)

コメントを閉じる▲
「頚椎椎間板ヘルニア」

私の現在の痛み方。
・首から肩胛骨にかけての寝違いのような痛み。
・左肩から左手先までの痺れと重さと握力の低下。

痛む場所は日によって異なることもある。
(昨日は偏頭痛もプラス)

カイロプラクティックに行くと一時的によくなるような気がするが、
結構またすぐどこかが痛む。

近頃、特に症状がきつくなってきた気がする…

ヨガもできなくなった。
それは左腕が上がらないから…

体の自由が効かないって、すごいストレスのもとになる。

クリックして応援して頂けると幸いです。→

【2008/11/22 00:20】 | 頚椎椎間板ヘルニア
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


2008年11月25日 23:37の鍵コメさんへ。
あきゃみ。
お返事が大変遅くなってしまいごめんなさい。

改めて、こちらにお越しいただき、そしてコメントを残してくださりありがとうございます。
現在の体調はいかがでしょうか?
大変な手術をされてらっしゃるようですから、悪いことばかり考えてしまうのは、貴方様だけではないと思います。

私は現在、いろいろな病気との格闘になってきましたが、正直、頭の中はいつも悪いことばかり想像してしまいます。
以前、こんなことを言われたことがあります。
「同じ病気してるけど、手術したらそれで終わりなんだから、病気のことをおおげさに書かきすぎ」
というような感じの内容でした。
同じ病気を患っても、感じ方は人それぞれ、そんな言い方はないのでは?と思いました。
自分が怖いと感じているなら、それは怖いことなんだと思うし、自分が不安と思えば不安なんです。

貴方様はおそらく、相当悩まれて来られてきただろうし、病気のことで辛い思いをなさってきただろうし、
不安をたくさん抱きながら、日々生活なさってる。。
なかなか他人にはわかってもらえないことです。

でも少なくとも、私も同じような似た気持ちでいると思います。
またコメントでもメールでも結構ですので、気軽にご連絡ください。
何かお役に立てることがあれば幸いです。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。