まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠出と言っても、車で3時間程度。
両親を自分の車に乗せ隣県へでかけた。
車のシートに座るとき、
術後、それほど経過してなかったときは異物感というか、
少し痛みがあり、座席のシートを軽く倒さないと座れなかった。

今になって、やっとそれなりに倒さず普通に座れるようになった。
経過が順調な意味を示すのか?と思い嬉しくなった。

ショッピングセンターの中を歩いていて、
ゆっくりゆっくり歩く若い女性を見ると、
「手術したあとなのかな・・・」などと思ってしまう。
自分がそうだったからだ。
退院したその足で、ただ外を歩きたく少しだけでかけた。
でも、傷口が軽く痛む為、一般の人の流れについて行けなく、
怪しい動きだったと思う。ゆっくりゆっくり歩いていた。
その時を思い出す。

見えない傷口、他人のことを気付いてあげられることはほとんどない。
私はどれだけ、そんな人たちをいたわってあげられるだろうか・・・

クリックして応援して頂けると幸いです。→
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2007/02/12 23:48】 | 癌日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。