まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院予定日。

6:00 起床。今日は退院できるであろう日。
8:00 朝食。これが病院食最後かなと気になる。
11:00 栄養士さん。らしき人が病院食のメニューを聞きにくる。
    でも「今日退院かもしれないので」と断る。
12:00 昼食。まだ結果が出ないらしい、仕方なく昼食を頂く。
14:00 内診。経過は順調、だがまだ結果がでないらしい。
16:30 内診。結果が出たと連絡がくる。母親と先生のもとへ行った。
18:00 退院。詰所にあいさつをして自宅へ帰った。


・・・結果・・・
私の癌細胞は、思ってた以上に範囲がひろく、蝕まれていた・・・。
「0期」の状態ではあるが、広く奥行きも切り取れたか、どうかというものだった。。。
ただ、切断面は念のため、先生がレーザーで焼き付けるという方法をしてくださっており、再発の可能性は5%という。
ただし、油断はできないと…

細胞が少しでも残っていれば、少しづつ進行していくものである。



今後の治療について。
1年間は毎月1度、子宮癌検診を行う。
2年目は3ヶ月に1度、3年目は半年に1度。
検診さえきちんと行けば、命は助かる、それだけでまだマシなのかもしれない。

ただ、私は結婚を控え、これから子供を授かりたい。
今、子宮がなくなってしまっては・・・。
なくしたくない、まだ、まだ大切に子宮を守りたい。。

クリックして応援して頂けると幸いです。→
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2007/01/22 21:14】 | 入院日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。