まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうど去年の1月18日、
私は円錐切除の手術を受け、麻酔から目が覚め、意識がハッキリと戻っていた。

丸1年経過したんだ、やっと1年、長いようで短かった。
母親はいまだ、当時のことを振り返り、話しをしてくる。
母親は自分自身を責めていた、「私がこうだったから癌になったのか」
そんなことを繰り返し繰り返し、思い込んでいたようだ。

今、私がこうして普通の生活をしていることを、とても喜んでいる。
5年経過するにはあと4年もある。

この調子でこれからも、大切に大切に子宮を守りたい。。。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2008/01/18 23:31】 | 癌日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。