まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝9時15分、結果が気になり早く目が覚め、すぐに電話をかけた。

しばらくすると産婦人科の先生がでた。
結果がね、クラスⅢbかⅣあたりでね、一度来てもらえる?」
え・・・?
事前にネットを使っていろいろ調べていた、クラスⅢbがどういうものか
すでに私は知っていた・・・

結果大きく分けてクラスⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴの5段階に分かれる。
このうちⅢはさらにⅢaとⅢbに分かれる。
これらがどんな意味があるか少し詳しく説明すると次のようになる。


【クラス分類】
全く異常はありません。1年後の検診で結構です。

基本的に異常はないのですが、炎症があったりホルモンのバランスがくずれて少し活動力のある細胞が出る事があります。多くは念のため6ヵ月後の検診がすすめられます。

Ⅲa 現在がんが疑われる状態ではありませんが、やや活動力が出ている細胞が出ており、少し異型性が出てきた細胞と考えられる状態です。医師の指示に従い定期的な検診をすすめられます。自然にⅡやⅠになる事もありますが、いつもⅢaであれば精密検査をすすめられる時があります。

Ⅲb がんではないものの将来がんになる可能性もある細胞と言えます。現在の所この状態の方は約20%が将来初期の癌になる可能性があると考えられています。精密検査をすすめられるのが普通です。

がんの疑いあるいはがんと考えられる 初期のがんが疑われる状態です。

進行したがんが疑われる状態です。

先生は「早い方がいい」といい、その日の12時にすぐ病院へとんで行った。
「大きい病院を紹介するから、年内にでも行った方がいい」
と言われ、かなり動揺した。

私、助かるのかな・・・
とてつもない涙があふれ、気が動転してボーッとした。

クリックして応援して頂けると幸いです。→
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2006/12/22 23:14】 | 入院前日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。