まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気を患って、入院をしたが、
私は医療保険というものに加入してなかった。

だが今回は医療費も何十万で、比較的安くすんだのが救いだった。
とんでもない出費だが、命の値段にすれば安すぎる。

これを期に医療保険への加入を考え、
資料請求を何社かおこなった。

私みたいな病気を患った人間でも加入は可能なのか。。
「医師の診断書は不要」そんな文字はあるが、
恐れていた「告知書」を見ると、

・3ヶ月以内に入院や手術をしたことがあるか?
・過去5年以内に医師による診断を受けたことがあるか?
・過去2年以内に検診などで異常がみられたことがあるか?

などなど・・・

たくさん告知しなくてはならない。
告知しても加入はできるのだろうか。
掛け金は変わらないのだろうか。
再発してもちゃんと支払ってもらえるのだろうか。

はっきりしたことはわからなかった。

電話して聞いてみるしかないか。
病状をつい伏せたくなるが、これからが大事。
頑張るしかないか。。

クリックして応援して頂けると幸いです。→

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2007/03/02 00:56】 | 医療保険
トラックバック(1) |

Re: 医療保険。
ももひめ
こんばんは!わたしもガンになった当時
医療保険、生命保険すべて入っていませんでした(涙)。
20才頃からずーっと入っていたのに
病気になる数年前に解約してしまったのです。

ガンと告知され、だめもとで保険会社に電話しました。
その時かけた保険会社は、
「ガンになったら一生入れる保険はありません。」と言われ
相当落ち込みましたが、そうでもないみたいですね。
いろんな方のHPを拝見すると、5年経てば入れる保険もあるみたいです。

もうすぐご結婚されるんですよね?
おめでとうございます!

また遊びに来ますね♪

ももひめさんへ。
あきゃみ。
コメントありがとうございます^^

私もちょっとした医療保険をかけていたのですが、
解約して数ヶ月後の出来事でした。

ももひめさんも入れる保険を探されたでしょうね。
今は見つかりましたか?
私はまだ電話をかけて詳しく聞いてないので、現実に直面してませんが、
それほど厳しいものなのですね。
何社かあたってみようと思うのですが、
ももひめさんが体験したような言葉を言われたら、
私も相当落ち込みそうです・・・

保険をかけてないときに限って、こういうことって起きるものですね。
情報いただけたこと、感謝します、ありがとうございます。

4月には移住する予定なのです。
本当は喜ぶべきことなのでしょうが、
日が近づくにつれて、不安ばかりがまとわりついて、複雑な心境です(;^^)

また気軽に遊びに来てくださいね!

おはようございます。
どらえもん
ちょいお久です、あきゃみさん。
いよいよ先週の結果から一週間経ちます。明日は最終検査の結果がでます。
ドキドキです。もう、入院して手術は間違いなし…たぶん。
わかっていながらも正直何回でも怖いですね。

何度もZARDの坂井さんのニュースを目にするたび自分もどこかに転移しているのではないかと不安にかられます。

もし、手術が決まっても二ヶ月先…毎日不安、不安、不安…なんでしょうね。
今月末にはおばあちゃんの一周忌があるのでたくさんお参りしてこようかと思います。

今日も何かの番組で
「ピンチの先にはチャンスがある」
と言ってました。きっと大丈夫、そう信じて皆さんがんばりましょう。

あきゃみさんの身体の調子がよくなってよかったです。無理しないでくださいね。
またお邪魔します。

どらえもんさんへ。
あきゃみ。
こんばんわ^^

日付が変わり6月4日(月)、今日ですね。。
限りなく恐怖が訪れてしまうものです。

私も転移が心配でした。
転移となると、手術法が変わってしまいますしね。
坂井さんの件のニュース、自分に置き換えて考えてみたりしてしまうものです。

先祖供養はとても大切なんですよね、私も大人になってから最低でも年に1度は行くようにしています。
でも、なにかのテレビ番組で「お願いごとはしてはいけない」って言っていました。
なので、いつも出来事の「報告」をしています。

人間は山あり谷ありって言いますけど、本当ですね。
いいことばかりは続かないけれど、ついてないあとは必ずいいことが起こります。

病院の医師も、「病は気から」って言われました。
よく聞く言葉ですがそのとおりかもしれません。
「病気に負けない!」
強い気持ちを持って、明日病院へ気をつけて向かってくださいね。

人生
つぼみ
こんにちは。はじめまして。

結婚二年目の同世代のものです。
最近性格の不一致で彼との離婚を考えている私です。

依然として話し合い(言い合い?)の日々ばかり。

昨夜、私から「別れ」を切り出しました。
そうなって初めて知った、言った彼の気持ちがありました。
それを知って、今一度思いとどまった私です。

私は結婚直前に癌の手術をしました。

それ以前に彼は収入の面でもためらいがあり、転職活動をしていて結婚に躊躇していました。
半ば私が結婚を諦めていたときに、私の母が彼の背中を押したこともあり結婚にいたりました。

そのあとに予想外の私の入院&手術。
父からは結婚を延期するようにとも言われましたが、わがままを通し、結婚しました。

私は保険に入っていなかったので、その後の莫大な治療費は親が捻出してくれました。
今は月に1度の通院ですんでいます。

私自身、「今は結婚するタイミングではない」と躊躇していた時期の彼をあらためて振り返してみました。
それから二年。彼の収入は変わらず。
経済面では未だに結婚していない計算に。

ただ、あの時結婚したから転職はしなかった。
彼は辞めたい会社を辞めなかった。
それは私の治療のせい。

転職していても、会社負担になる私の保険費(治療費)でくびになることは想像がついたと。
今の会社でも何百万という保険負担で、保険組合から調査は入ったと。

今年の秋には退職金が大きく変わるため、今の会社よりも条件の良い会社への転職には意欲がある彼。

治療費もそうかからなくなった今、私は彼の望む会社に就職してほしいと思う。
今別れてしまうと、その彼の二年間も無駄にしてしまうと思った。

この先についても、私が生命保険に入れる日は遠く、それと切り離して子供は考えられなかったと言われた。

そこまで考えているのかと思った反面、子供のことは正直悲しかった。
もし、彼と別れたとして、子供への癌の遺伝、再発の可能性のある私と結婚する男性がいるのか考えると、たまらなく不安になった。彼以上に私との人生を考えている人が出現するのか・・・と。

ただ、思いとどまったからにはゼロからやり直すつもり。
まだまだ話し合いの日々は続くかもしれないけど、前向きに生きていこうと思ってます♪

あなたが共感できる人かどうかはわからないけれども、メールさせていただきました。

つぼみさんへ。
あきゃみ。
こんばんわ、はじめまして。
足を運んでくださいまして、ありがとうございます。

つぼみさんも結婚前に癌の手術を受けられたのですね。
大変な日々があり、とても辛い思いをなさって今日まで生活してこられたことでしょう。

今一番辛いことがおそらく離婚問題でしょうか。
ご自分のせいで、旦那様が・・・という気持ちが文字からよく伝わってきました。
そうですよね、病気をするともちろん手術や入院で、保険をかけていないものにとっては
莫大な金額になり、頭を悩まされます。

つぼみさんを思って、転職をひかえた旦那様に感謝ですね。
ご自分を責められてるようですが、
当時、つぼみさんの病気(命)と、旦那様の転職を天秤にかけて考えても、
もちろん、命はなにものにもかえがたいものであります。
私自身がつぼみさんと同じ立場にいたら、つぼみさんと同じように自分を責めたと思います。
ですが今、こうして第三者の立場として思うことは、ご自分をもう責めるのはよしてください。
おかげで命が助かり、つぼみさんは元気になることができました。
それからでも転職はおそくはないと思います。
もちろんそのときではないといい条件の会社がないといったタイミングというのがあるのは当然ですが、
チャンスは1度だけではありません。
命はひとつしかありません。
そのときのことは、旦那様に感謝の気持ちを思うことが恩返しだと思います。

そして、これから先はまた別世界であり、
離婚するしないは本当、よく考えなくてはなりませんね。(といってもほぼ気持ちはもう決まってらっしゃるようですが)
思う存分、お互いが納得いくまで、後悔なく話し合いをよくしてくださいね。

これから恵まれる子供へ癌の遺伝は、私も心配になります。
ですが、怖いからと言って生まないでおこうとは思いません。癌が確実に遺伝するとは限りませんし、
遺伝があったとしても、早期発見、検診をおこなうことにより治したり予防することができます。

再発の可能性は、病気を患えば誰もが不安に犯されます。
でも、これも必ず再発するとは限りません。
病気を患っていても、互いに想い合える相手にめぐり合えば、その人を助けてあげたいと思う気持ちが自然に生まれます。
そんな人が本当にいるのか・・・確かに不安になりますが、自分次第でもあります。
暗い性格で、引き篭もっていては誰も見てくれません。
離婚しても再婚される人もたくさんいます。
これからの生き方次第ではないでしょうか?

つぼみさんが、これから前向きに生きていこうと思ってらっしゃるというその気持ちがあれば、十分だと私は感じました。

文字から状況を把握しきれず、こんな言葉でしか返答ができなくて、
失礼がありましたら、すみません。





Re: 医療保険。
つぼみ
深く、強いお返事ありがとうございました。

・・・・今日から別居することにしました。
病気とは別の理由で。

これでもし本当に別れてしまったとしても、彼にこの二年間を感謝したいと思ってます。
彼にもそう思って欲しいですが、伝わるかどうかわかりません・・

またご連絡できるようでしたら連絡いたします。

ありがとうございます。

つぼみさんへ。
あきゃみ。
こんにちわ。

よく話し合い、考えられた結果ですね。
感謝の気持ちだけは、頑張って伝えてください。

これからの日々がつぼみさんにとって、よき日々になるよう影から祈っています。
落ち着いたらまた遊びに来てくださいね!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 医療保険。
こんばんは!わたしもガンになった当時
医療保険、生命保険すべて入っていませんでした(涙)。
20才頃からずーっと入っていたのに
病気になる数年前に解約してしまったのです。

ガンと告知され、だめもとで保険会社に電話しました。
その時かけた保険会社は、
「ガンになったら一生入れる保険はありません。」と言われ
相当落ち込みましたが、そうでもないみたいですね。
いろんな方のHPを拝見すると、5年経てば入れる保険もあるみたいです。

もうすぐご結婚されるんですよね?
おめでとうございます!

また遊びに来ますね♪
2007/03/05(Mon) 20:39 | URL  | ももひめ #-[ 編集]
ももひめさんへ。
コメントありがとうございます^^

私もちょっとした医療保険をかけていたのですが、
解約して数ヶ月後の出来事でした。

ももひめさんも入れる保険を探されたでしょうね。
今は見つかりましたか?
私はまだ電話をかけて詳しく聞いてないので、現実に直面してませんが、
それほど厳しいものなのですね。
何社かあたってみようと思うのですが、
ももひめさんが体験したような言葉を言われたら、
私も相当落ち込みそうです・・・

保険をかけてないときに限って、こういうことって起きるものですね。
情報いただけたこと、感謝します、ありがとうございます。

4月には移住する予定なのです。
本当は喜ぶべきことなのでしょうが、
日が近づくにつれて、不安ばかりがまとわりついて、複雑な心境です(;^^)

また気軽に遊びに来てくださいね!
2007/03/06(Tue) 00:18 | URL  | あきゃみ。 #9YF42GeU[ 編集]
おはようございます。
ちょいお久です、あきゃみさん。
いよいよ先週の結果から一週間経ちます。明日は最終検査の結果がでます。
ドキドキです。もう、入院して手術は間違いなし…たぶん。
わかっていながらも正直何回でも怖いですね。

何度もZARDの坂井さんのニュースを目にするたび自分もどこかに転移しているのではないかと不安にかられます。

もし、手術が決まっても二ヶ月先…毎日不安、不安、不安…なんでしょうね。
今月末にはおばあちゃんの一周忌があるのでたくさんお参りしてこようかと思います。

今日も何かの番組で
「ピンチの先にはチャンスがある」
と言ってました。きっと大丈夫、そう信じて皆さんがんばりましょう。

あきゃみさんの身体の調子がよくなってよかったです。無理しないでくださいね。
またお邪魔します。
2007/06/03(Sun) 09:49 | URL  | どらえもん #-[ 編集]
どらえもんさんへ。
こんばんわ^^

日付が変わり6月4日(月)、今日ですね。。
限りなく恐怖が訪れてしまうものです。

私も転移が心配でした。
転移となると、手術法が変わってしまいますしね。
坂井さんの件のニュース、自分に置き換えて考えてみたりしてしまうものです。

先祖供養はとても大切なんですよね、私も大人になってから最低でも年に1度は行くようにしています。
でも、なにかのテレビ番組で「お願いごとはしてはいけない」って言っていました。
なので、いつも出来事の「報告」をしています。

人間は山あり谷ありって言いますけど、本当ですね。
いいことばかりは続かないけれど、ついてないあとは必ずいいことが起こります。

病院の医師も、「病は気から」って言われました。
よく聞く言葉ですがそのとおりかもしれません。
「病気に負けない!」
強い気持ちを持って、明日病院へ気をつけて向かってくださいね。
2007/06/04(Mon) 01:18 | URL  | あきゃみ。 #.jf4Qt7k[ 編集]
人生
こんにちは。はじめまして。

結婚二年目の同世代のものです。
最近性格の不一致で彼との離婚を考えている私です。

依然として話し合い(言い合い?)の日々ばかり。

昨夜、私から「別れ」を切り出しました。
そうなって初めて知った、言った彼の気持ちがありました。
それを知って、今一度思いとどまった私です。

私は結婚直前に癌の手術をしました。

それ以前に彼は収入の面でもためらいがあり、転職活動をしていて結婚に躊躇していました。
半ば私が結婚を諦めていたときに、私の母が彼の背中を押したこともあり結婚にいたりました。

そのあとに予想外の私の入院&手術。
父からは結婚を延期するようにとも言われましたが、わがままを通し、結婚しました。

私は保険に入っていなかったので、その後の莫大な治療費は親が捻出してくれました。
今は月に1度の通院ですんでいます。

私自身、「今は結婚するタイミングではない」と躊躇していた時期の彼をあらためて振り返してみました。
それから二年。彼の収入は変わらず。
経済面では未だに結婚していない計算に。

ただ、あの時結婚したから転職はしなかった。
彼は辞めたい会社を辞めなかった。
それは私の治療のせい。

転職していても、会社負担になる私の保険費(治療費)でくびになることは想像がついたと。
今の会社でも何百万という保険負担で、保険組合から調査は入ったと。

今年の秋には退職金が大きく変わるため、今の会社よりも条件の良い会社への転職には意欲がある彼。

治療費もそうかからなくなった今、私は彼の望む会社に就職してほしいと思う。
今別れてしまうと、その彼の二年間も無駄にしてしまうと思った。

この先についても、私が生命保険に入れる日は遠く、それと切り離して子供は考えられなかったと言われた。

そこまで考えているのかと思った反面、子供のことは正直悲しかった。
もし、彼と別れたとして、子供への癌の遺伝、再発の可能性のある私と結婚する男性がいるのか考えると、たまらなく不安になった。彼以上に私との人生を考えている人が出現するのか・・・と。

ただ、思いとどまったからにはゼロからやり直すつもり。
まだまだ話し合いの日々は続くかもしれないけど、前向きに生きていこうと思ってます♪

あなたが共感できる人かどうかはわからないけれども、メールさせていただきました。
2007/06/21(Thu) 02:27 | URL  | つぼみ #-[ 編集]
つぼみさんへ。
こんばんわ、はじめまして。
足を運んでくださいまして、ありがとうございます。

つぼみさんも結婚前に癌の手術を受けられたのですね。
大変な日々があり、とても辛い思いをなさって今日まで生活してこられたことでしょう。

今一番辛いことがおそらく離婚問題でしょうか。
ご自分のせいで、旦那様が・・・という気持ちが文字からよく伝わってきました。
そうですよね、病気をするともちろん手術や入院で、保険をかけていないものにとっては
莫大な金額になり、頭を悩まされます。

つぼみさんを思って、転職をひかえた旦那様に感謝ですね。
ご自分を責められてるようですが、
当時、つぼみさんの病気(命)と、旦那様の転職を天秤にかけて考えても、
もちろん、命はなにものにもかえがたいものであります。
私自身がつぼみさんと同じ立場にいたら、つぼみさんと同じように自分を責めたと思います。
ですが今、こうして第三者の立場として思うことは、ご自分をもう責めるのはよしてください。
おかげで命が助かり、つぼみさんは元気になることができました。
それからでも転職はおそくはないと思います。
もちろんそのときではないといい条件の会社がないといったタイミングというのがあるのは当然ですが、
チャンスは1度だけではありません。
命はひとつしかありません。
そのときのことは、旦那様に感謝の気持ちを思うことが恩返しだと思います。

そして、これから先はまた別世界であり、
離婚するしないは本当、よく考えなくてはなりませんね。(といってもほぼ気持ちはもう決まってらっしゃるようですが)
思う存分、お互いが納得いくまで、後悔なく話し合いをよくしてくださいね。

これから恵まれる子供へ癌の遺伝は、私も心配になります。
ですが、怖いからと言って生まないでおこうとは思いません。癌が確実に遺伝するとは限りませんし、
遺伝があったとしても、早期発見、検診をおこなうことにより治したり予防することができます。

再発の可能性は、病気を患えば誰もが不安に犯されます。
でも、これも必ず再発するとは限りません。
病気を患っていても、互いに想い合える相手にめぐり合えば、その人を助けてあげたいと思う気持ちが自然に生まれます。
そんな人が本当にいるのか・・・確かに不安になりますが、自分次第でもあります。
暗い性格で、引き篭もっていては誰も見てくれません。
離婚しても再婚される人もたくさんいます。
これからの生き方次第ではないでしょうか?

つぼみさんが、これから前向きに生きていこうと思ってらっしゃるというその気持ちがあれば、十分だと私は感じました。

文字から状況を把握しきれず、こんな言葉でしか返答ができなくて、
失礼がありましたら、すみません。



2007/06/22(Fri) 02:04 | URL  | あきゃみ。 #.jf4Qt7k[ 編集]
Re: 医療保険。
深く、強いお返事ありがとうございました。

・・・・今日から別居することにしました。
病気とは別の理由で。

これでもし本当に別れてしまったとしても、彼にこの二年間を感謝したいと思ってます。
彼にもそう思って欲しいですが、伝わるかどうかわかりません・・

またご連絡できるようでしたら連絡いたします。

ありがとうございます。
2007/06/22(Fri) 09:15 | URL  | つぼみ #-[ 編集]
つぼみさんへ。
こんにちわ。

よく話し合い、考えられた結果ですね。
感謝の気持ちだけは、頑張って伝えてください。

これからの日々がつぼみさんにとって、よき日々になるよう影から祈っています。
落ち着いたらまた遊びに来てくださいね!
2007/06/22(Fri) 11:52 | URL  | あきゃみ。 #.jf4Qt7k[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
医療保険医療保険(いりょうほけん)は、事前に保険料を支払っておくことによって、医療機関を受診したり入院した場合に、医療費の一部又は全部を保険者が給付する仕組み。公的医療保険と民間医療保険があり、貧困の予防や生活の安定などを目的とする。.wikilis{font-size:1
2007/03/13(Tue) 22:21:29 |  保険ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。