まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達が入院したと聞き、慌てて病院へ。

しかも産婦人科と聞いた。
人事ではないと思い、すぐにお見舞いの品を持って向かった。

元気そうに「ひさしぶり~」と。
顔色も悪くなく、元気みたいでよかった。

手術したのかと聞くと、
「手術するほどじゃないらしく、点滴のみで回復に向かってるらしい。」
と・・・
でも退院の日程がまだ決まってないらしい。

症状としては、入院1週間前に下腹部の腹痛がおき、
いつもの腹痛と思っていたら、我慢できなくなってきて産婦人科に行ったと。
それで、検査をしたら出血してるらしく・・・?どこからだろう。
要安静ということらしい。
一時は白血球の値が高かったという。

「白血病じゃないよね?」
と聞くと大丈夫と言ってた。

本当にそうなんだろうか?
彼女は私よりひとつ年下の25歳。
一体何の病気が関係してるのだろう。

あんなに元気だったのに急にこんなことになる。
一緒に来ていた友人が
「入院してみたい~」だって。
安易に口走った言葉に少し腹立った。

誰も好きで入院してるわけじゃない、してみないとわからないよ。
こんな気持ちは。。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/03/14 19:53】 | 日常の出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。