まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住んでいた街を遠く離れ、やってきた北海道。
ようやく生活も落ち着いた。

手術を受けた病院から、渡された紹介状。
こわい、病院にいくのが怖い・・
旦那が「一緒に行ってあげるから、がんばって行こう」
そういってくれた。

恐怖に怯えつつも紹介状を握り締め、探し当てた病院に行った。
この病院には産婦人科や婦人科医師がとても多く、設備も充実していると
聞いていた。
診察にあたった医師、手術後の私の結果がどうだったかを聞く。
どうも紹介状に肝心な手術後の結果の記載がないらしい。
「完全に癌細胞が切り取れなかったと聞いてます」というと、
「え?切り取れなかったといわれたの?」と少し、唖然とした様子。
手術後の、切り取った部分の診断結果の用紙を、前の医師からもらって
残していたため、今度の検診に持っていくことになった。

検診は、
「細胞診検査」
「膣拡大鏡診」

手術を受ける前にもした検診だった。
ただ手術後の為、少し痛みを伴うと言われ、そのとおりだった・・・

医師は私にこういった。
「再発はよくあることですからね」と・・
「私、大丈夫ですか?」と聞くと、
「それはまだわからない」と言われた。

まさかそんな言葉が返ってくるとは思いもよらなかった。
前の医師は、「再発はごくまれ」と言っていた。

結果は一週間後に判る。
また一週間後に来てくださいと医師は言った。

癌はどんどん私を苦しめる。
どうなっていくのだ、これから。。。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2007/05/19 03:55】 | 術後の定期検診
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。