まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深刻な悩み。

手術してから4ヶ月が経過した。
なのに、怖くて旦那と性行為ができない。
普通は大体、手術してから1~2ヶ月経過すると性交が可能なのである。

でも、私はできない。
旦那も私の気持ちを配慮してくれ、無理に求めない。
救いである。

なにがひっかかっているかというと、
その行為により、傷口が傷むのではないかとか、
痛みを伴うのではないか、それが心配で怖くてできない。

医師によると、傷口が傷む場所ではないし、
もう傷口は乾いている状態だから、大丈夫という。

なのに、できないのだ・・・
恥ずかしい話である。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2007/05/27 13:20】 | 体調の不調
トラックバック(0) |

Re: 性的悩み。
しろ
しろです。また来ちゃいました(^^)

SEXの問題は、機能の問題ではなく、心の問題ですよね…
専門家でないのでよくわかりませんが、あきゃみ。さんの場合、術後の傷の痛みや出血の記憶が、未だに強く残っているのではないでしょうか。
この年齢で癌の手術なんて、精神的にも肉体的にも衝撃的な出来事だから、当然ですよね…

実は私も術後半年以上、主人とできませんでした。
私の場合は『肉腫』という癌で、左大腿部裏の筋肉全部と坐骨の一部を切除したのですが、傷がひざ上~お尻の上まで60センチと大きくて。
その上、抗がん剤の副作用で、髪の毛もアンダーヘアも脱毛していたものですから。。。
機能的がどうというより、その姿を見た主人に、もし引かれてしまったら…と思うと、傷つくのが怖くて、できなかったんです。
癌て、肉体だけでなく、心にも傷跡を残しますよね。

でも。あんなに怖かった検査も、回を重ねるごとに少しずつ気が楽になっていくように、セクシャリティの問題についても、少しずつ癒えていくのだと思います。
術後、初めて出来たとき、私も主人も何だか感動しちゃいました。

焦らなくて大丈夫。
あきゃみさん。には、理解のあるステキなご主人がついているんですもの。
手術も検査も二人で乗り切ったように、SEXのこともいずれ解決しますよ(^^)
傷と心が完全に回復できるまで、二人で手を握り合って眠るのも素敵じゃないですか?

あきゃみさん、しろさんこんにちわ!
どらえもん
突如お邪魔します。
しろさんのコメントみて私も勉強になりました。いよいよ約15時間と控えたオペに不安でパニック状態です。
私も彼との子供はゆくゆくほしいです。でもやはり性行為がとてもできそうにない気がします。
でもこういう身体になってしまった以上、時間をかけてお互いに話し合い助け合いながら乗り越えていかなければいけないですね。みなさん理解あるご主人でよかったですね!私もこれから彼と相談していこうと思います。

しろさんへ。
あきゃみ。
こんばんわ!

またお越しいただいてとても嬉しいです(*^_^*)
大変な病気を患って、乗り越えられたのですね。
文字から苦労したこと、大変だったこと、乗り越えられたこと、
すごく伝わりました。

そして、性的な悩み。
色んなHPを見ると、手術した方は普通に性交をされらっしゃるみたいで、
どうして私は無理なのかとすごく悩んでいました。
おっしゃってもらったとおり、手術の痛みや出血の記憶、
まだそれほど日数がたってない為か、忘れることができません。

当分性交はできそうにないですが、おかげさまで
私だけじゃないんだと少し気が楽になりました。
ありがとうございますm(__)m

ゆっくり時間をかけていきたいと思います。
入院生活より、やっぱりこうして普通に生活ができることだけでも
ありがたく思わないといけないですね(^_^;)

人間、欲がついつい出てしまうものです。


どらえもんさんへ。
あきゃみ。
こんばんわ!

ますます落ち着かなくなってしまいますね。
もうお休みされてらっしゃいますでしょうか?

どらえもんさんが今日手術を受けられることを、ずっと気になっていました。
あの時自分も感じた気持ち、今、全く同じ気持ちをされていらっしゃるんだろうなと・・・
言葉にはできない気持ちです。

手術が無事終わることを祈ります。
そして1日でも早く仕事復帰ができ、
素敵な彼との新しい生活を迎え、楽しい日々が送れることを祈ります。

だから負けないでください。

あきゃみさんへ
どらえもん
おはようございます。
昨夜から飲食禁止に入り、今朝は八時に起きました。今は何していいかわからない状態です。

残り役五時間…切ないです。

何で、自分なんだろう。体験した人じゃないとわからない苦しみですよね。でもみなさん乗り越えてがんばっている姿を拝見して先を見て進んでいこうと思います。できちゃったんだから仕方ないさ!

終わったらまた来て報告していいですか?



どらえもんさんへ。
あきゃみ。
おはようございます。
ゆっくりお休みできましたか?

「なんで、自分なんだろう。」
その言葉を私も何度となく、唱えました。
検診すら受けなく何十年と何事もない方もいるのにと、
人を羨むこともありました。

時間が迫っていますけど、
手術、無事終わられて落ち着いたら報告しにおいでください。

手術前の緊張や、手術中の様子、手術後の状態、
終わってからの生活、医師からの注意など、なんでもいいです。
長文にわたってもいいです。

思い感じたことをそのまま綴ってください。
また同じ病状を持った方が、不安をネットで解消しようとお越しになられるでしょう。

気をつけて病院へ行ってきてくださいね。

おはようございまうす。
どらえもん
優しいお心遣いありがとうございます。

昨日はオペ出来ませんでした。あんなにどきどきしながらいったのに。
まず、私の癌は不正出血がないこと、内診でも目に見えるはっきりしたものがないこと…
前回「オペしましょう」と言った先生と今回の先生が違ったことです。

前々回の先生だったのですが、「もう一度ちゃんと細胞を取って調べてみよう」
外来のREEPは皆さんのやってるのよりも浅く切除するみたいです。だから私のようなはっきりしない場合は向き不向きがあるみたいです。

今回は普通の細胞診より幅を大きくカットしました。
出血がなかなか収まらずしばらく足を開いたままDrと看護婦さんが話ししている状態…
来週の月曜日に結果がでて手術の方法を再度きめるようです。

手術は結果によってですが
①外来REEP
②入院してREEPおよびリンパ切除
③別の病院にて
 子宮をどうしても残す場合子宮とリンパ、それ以外に子宮の周りの何か?を取り除き子宮だけを残
 す方法。
④子宮摘出

と、選択肢はあるものの・・・
Drの話では、肉眼で見る限り白く幅が広そうだとのことでした。まだ黒くないと。

昨日は出かける間際に衝撃的なニュースがありましたね。
ZARDのボーカルの転落死。
子宮頚癌で肺に転移。まだ40才。テレビに食い入るようにみていましたね(笑)

とりあえず、手術がきまっても二ヶ月先とかDrにいわれました…
それまでに進行はそれほどないからっていうことです。
細胞診もとる部署によって結果がかわるということ。私も最初は近場の病院で3Aの判定が大学病院で5ですから一度の検査だけで安心しないほうがいいとおもいました。
皆さんもいろいろな病院で見てもらった方がいいですね。

長々とすみません。また状況報告したいと思います。皆さんのお役に立てれば…
あきゃみさんサイトからすみません。


どらえもんさんへ。
あきゃみ。
手術と聞かされていたのに、手術されなかったって変な話ですね・・
担当医師が変わってしまうというのも良し悪しです。

あんなに緊張して行かれたのに、結果、これから選択肢・・・
むやみに切り取られなくてよかったのかもしれませんね。
手術したのに、結果もう一度手術とかになるとやりきれなくなります。

治療する内診室のあの椅子、嫌ですよね。
大きく足を広げられ、高さもあがり、本当に誰にも見られたくない一身で、股を閉じようとつい力が入ってしまいます。
いつも先生に「力入れすぎ」とか、「リラックスして」って言われるけど、とてもじゃないけど無理です(^_^;)
前に行ってた病院は、内診が終わるとすぐ看護師さんがタオルをかけてくれました。
ちょっとした気遣いが嬉しいものです。

月曜日の検査結果にもよりますが、
選択肢に悩まれたら、「セカンドオピニオン」をしてみるのもひとつ手ではないでしょうか。
担当医師もコロコロと変わり、言うことも変わって、
なんだか患者側にとって、余計悩ましい状態になっているような気がします。
こうなると、誰を信じてよいのかわからなくなりませんか?

たとえば、ある病院で子宮をとった方がいいといわれても、別の病院へ行くと、とらなくていいと言われたり。
検査結果によっては、進められた手術にひけをとるようなことであれば、
病院自体を変えて検査をもう一度受けるのもいいかなと思います。

手術が決まっても2ヶ月も先なのはなぜでしょうね。。。
確かにこの病気は、進行がそれほど早くなく年月をかけてゆっくりゆっくり進行していくと
私の当時の担当医師も話していました。
ですが、「患者本人さんが心配でしょうから早いうちに終わらせましょう」ということで、
私の場合は総合病院に行きだしてから1ヶ月以内で手術になりました。
自分自身としてはやっぱりほおっておくと進行していくようで不安です。

今不安に思うことなどは、忘れないようにすべて紙に書き留めて、診察のときにちゃんと聞くと少しは安心ですよ。

このサイトからぜひ状況報告してください。
こうしてお話をしている文字を見て、また誰か救われてらっしゃるかもしれません。
検診結果がよくなく、同じように検索して情報を得ようとしている方がいると思います。
思うがまま、ありのまま、書き込んでくださいね。
きっと役に立ちます。


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 性的悩み。
しろです。また来ちゃいました(^^)

SEXの問題は、機能の問題ではなく、心の問題ですよね…
専門家でないのでよくわかりませんが、あきゃみ。さんの場合、術後の傷の痛みや出血の記憶が、未だに強く残っているのではないでしょうか。
この年齢で癌の手術なんて、精神的にも肉体的にも衝撃的な出来事だから、当然ですよね…

実は私も術後半年以上、主人とできませんでした。
私の場合は『肉腫』という癌で、左大腿部裏の筋肉全部と坐骨の一部を切除したのですが、傷がひざ上~お尻の上まで60センチと大きくて。
その上、抗がん剤の副作用で、髪の毛もアンダーヘアも脱毛していたものですから。。。
機能的がどうというより、その姿を見た主人に、もし引かれてしまったら…と思うと、傷つくのが怖くて、できなかったんです。
癌て、肉体だけでなく、心にも傷跡を残しますよね。

でも。あんなに怖かった検査も、回を重ねるごとに少しずつ気が楽になっていくように、セクシャリティの問題についても、少しずつ癒えていくのだと思います。
術後、初めて出来たとき、私も主人も何だか感動しちゃいました。

焦らなくて大丈夫。
あきゃみさん。には、理解のあるステキなご主人がついているんですもの。
手術も検査も二人で乗り切ったように、SEXのこともいずれ解決しますよ(^^)
傷と心が完全に回復できるまで、二人で手を握り合って眠るのも素敵じゃないですか?
2007/05/27(Sun) 19:27 | URL  | しろ #-[ 編集]
あきゃみさん、しろさんこんにちわ!
突如お邪魔します。
しろさんのコメントみて私も勉強になりました。いよいよ約15時間と控えたオペに不安でパニック状態です。
私も彼との子供はゆくゆくほしいです。でもやはり性行為がとてもできそうにない気がします。
でもこういう身体になってしまった以上、時間をかけてお互いに話し合い助け合いながら乗り越えていかなければいけないですね。みなさん理解あるご主人でよかったですね!私もこれから彼と相談していこうと思います。
2007/05/27(Sun) 23:02 | URL  | どらえもん #-[ 編集]
しろさんへ。
こんばんわ!

またお越しいただいてとても嬉しいです(*^_^*)
大変な病気を患って、乗り越えられたのですね。
文字から苦労したこと、大変だったこと、乗り越えられたこと、
すごく伝わりました。

そして、性的な悩み。
色んなHPを見ると、手術した方は普通に性交をされらっしゃるみたいで、
どうして私は無理なのかとすごく悩んでいました。
おっしゃってもらったとおり、手術の痛みや出血の記憶、
まだそれほど日数がたってない為か、忘れることができません。

当分性交はできそうにないですが、おかげさまで
私だけじゃないんだと少し気が楽になりました。
ありがとうございますm(__)m

ゆっくり時間をかけていきたいと思います。
入院生活より、やっぱりこうして普通に生活ができることだけでも
ありがたく思わないといけないですね(^_^;)

人間、欲がついつい出てしまうものです。
2007/05/28(Mon) 01:20 | URL  | あきゃみ。 #.jf4Qt7k[ 編集]
どらえもんさんへ。
こんばんわ!

ますます落ち着かなくなってしまいますね。
もうお休みされてらっしゃいますでしょうか?

どらえもんさんが今日手術を受けられることを、ずっと気になっていました。
あの時自分も感じた気持ち、今、全く同じ気持ちをされていらっしゃるんだろうなと・・・
言葉にはできない気持ちです。

手術が無事終わることを祈ります。
そして1日でも早く仕事復帰ができ、
素敵な彼との新しい生活を迎え、楽しい日々が送れることを祈ります。

だから負けないでください。
2007/05/28(Mon) 01:30 | URL  | あきゃみ。 #.jf4Qt7k[ 編集]
あきゃみさんへ
おはようございます。
昨夜から飲食禁止に入り、今朝は八時に起きました。今は何していいかわからない状態です。

残り役五時間…切ないです。

何で、自分なんだろう。体験した人じゃないとわからない苦しみですよね。でもみなさん乗り越えてがんばっている姿を拝見して先を見て進んでいこうと思います。できちゃったんだから仕方ないさ!

終わったらまた来て報告していいですか?

2007/05/28(Mon) 09:43 | URL  | どらえもん #-[ 編集]
どらえもんさんへ。
おはようございます。
ゆっくりお休みできましたか?

「なんで、自分なんだろう。」
その言葉を私も何度となく、唱えました。
検診すら受けなく何十年と何事もない方もいるのにと、
人を羨むこともありました。

時間が迫っていますけど、
手術、無事終わられて落ち着いたら報告しにおいでください。

手術前の緊張や、手術中の様子、手術後の状態、
終わってからの生活、医師からの注意など、なんでもいいです。
長文にわたってもいいです。

思い感じたことをそのまま綴ってください。
また同じ病状を持った方が、不安をネットで解消しようとお越しになられるでしょう。

気をつけて病院へ行ってきてくださいね。
2007/05/28(Mon) 11:51 | URL  | あきゃみ。 #.jf4Qt7k[ 編集]
おはようございまうす。
優しいお心遣いありがとうございます。

昨日はオペ出来ませんでした。あんなにどきどきしながらいったのに。
まず、私の癌は不正出血がないこと、内診でも目に見えるはっきりしたものがないこと…
前回「オペしましょう」と言った先生と今回の先生が違ったことです。

前々回の先生だったのですが、「もう一度ちゃんと細胞を取って調べてみよう」
外来のREEPは皆さんのやってるのよりも浅く切除するみたいです。だから私のようなはっきりしない場合は向き不向きがあるみたいです。

今回は普通の細胞診より幅を大きくカットしました。
出血がなかなか収まらずしばらく足を開いたままDrと看護婦さんが話ししている状態…
来週の月曜日に結果がでて手術の方法を再度きめるようです。

手術は結果によってですが
①外来REEP
②入院してREEPおよびリンパ切除
③別の病院にて
 子宮をどうしても残す場合子宮とリンパ、それ以外に子宮の周りの何か?を取り除き子宮だけを残
 す方法。
④子宮摘出

と、選択肢はあるものの・・・
Drの話では、肉眼で見る限り白く幅が広そうだとのことでした。まだ黒くないと。

昨日は出かける間際に衝撃的なニュースがありましたね。
ZARDのボーカルの転落死。
子宮頚癌で肺に転移。まだ40才。テレビに食い入るようにみていましたね(笑)

とりあえず、手術がきまっても二ヶ月先とかDrにいわれました…
それまでに進行はそれほどないからっていうことです。
細胞診もとる部署によって結果がかわるということ。私も最初は近場の病院で3Aの判定が大学病院で5ですから一度の検査だけで安心しないほうがいいとおもいました。
皆さんもいろいろな病院で見てもらった方がいいですね。

長々とすみません。また状況報告したいと思います。皆さんのお役に立てれば…
あきゃみさんサイトからすみません。
2007/05/29(Tue) 10:35 | URL  | どらえもん #-[ 編集]
どらえもんさんへ。
手術と聞かされていたのに、手術されなかったって変な話ですね・・
担当医師が変わってしまうというのも良し悪しです。

あんなに緊張して行かれたのに、結果、これから選択肢・・・
むやみに切り取られなくてよかったのかもしれませんね。
手術したのに、結果もう一度手術とかになるとやりきれなくなります。

治療する内診室のあの椅子、嫌ですよね。
大きく足を広げられ、高さもあがり、本当に誰にも見られたくない一身で、股を閉じようとつい力が入ってしまいます。
いつも先生に「力入れすぎ」とか、「リラックスして」って言われるけど、とてもじゃないけど無理です(^_^;)
前に行ってた病院は、内診が終わるとすぐ看護師さんがタオルをかけてくれました。
ちょっとした気遣いが嬉しいものです。

月曜日の検査結果にもよりますが、
選択肢に悩まれたら、「セカンドオピニオン」をしてみるのもひとつ手ではないでしょうか。
担当医師もコロコロと変わり、言うことも変わって、
なんだか患者側にとって、余計悩ましい状態になっているような気がします。
こうなると、誰を信じてよいのかわからなくなりませんか?

たとえば、ある病院で子宮をとった方がいいといわれても、別の病院へ行くと、とらなくていいと言われたり。
検査結果によっては、進められた手術にひけをとるようなことであれば、
病院自体を変えて検査をもう一度受けるのもいいかなと思います。

手術が決まっても2ヶ月も先なのはなぜでしょうね。。。
確かにこの病気は、進行がそれほど早くなく年月をかけてゆっくりゆっくり進行していくと
私の当時の担当医師も話していました。
ですが、「患者本人さんが心配でしょうから早いうちに終わらせましょう」ということで、
私の場合は総合病院に行きだしてから1ヶ月以内で手術になりました。
自分自身としてはやっぱりほおっておくと進行していくようで不安です。

今不安に思うことなどは、忘れないようにすべて紙に書き留めて、診察のときにちゃんと聞くと少しは安心ですよ。

このサイトからぜひ状況報告してください。
こうしてお話をしている文字を見て、また誰か救われてらっしゃるかもしれません。
検診結果がよくなく、同じように検索して情報を得ようとしている方がいると思います。
思うがまま、ありのまま、書き込んでくださいね。
きっと役に立ちます。
2007/05/29(Tue) 14:04 | URL  | あきゃみ。 #.jf4Qt7k[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/09/10(Thu) 02:39 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。