まさか私が子宮癌だったなんて・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとたび子宮頸部がんと診断されると、がんが身体の他の部位に拡がっているかどうか、さらに詳しく検査が行われます。
医師は治療を計画するために、がんの進行程度を知る必要があります。
子宮頸部がんには次のような病期分類が用いられます。

0期または上皮内がん(CIS)
 0期の子宮頸がんは非常に早期のがんです。
 がんは子宮頸部の上皮内のみに認められます。

I期
 がんが子宮頸部に限局して認められ、他へ拡がっていない状態(ただし子宮体部浸潤の有無は考慮しません)

 Ia期
 組織学的にのみ診断できる浸潤がんで、肉眼的に明らかな病巣はたとえ表層浸潤であってもIb期とします。
 浸潤は、計測による間質浸潤の深さが5mm以内で、縦軸方向の拡がりが7mmを超えないものとします。
 浸潤の深さは、浸潤がみられる表層上皮の基底膜より計測して5mmを超えないもので、脈管(静脈またはリンパ管)侵襲があっても進行期は変更しません。

  Ia1期:間質浸潤の深さが3mm以内で、拡がりが7mmを超えないもの

  Ia2期:間質浸潤の深さが3mmを超えるが5mm以内で、拡がりが7mmを超えないもの
      ただし子宮頸部腺がんについてはIa1、Ia2期の細分類は行いません。

 Ib期
 臨床的に明らかな病巣が子宮頸部に限局するもの、または臨床的に明らかではないがIa期を越えるもの

  Ib1期:病巣が4cm以内のもの

  Ib2期:病巣が4cmを超えるもの

II期
 がんが子宮頸部を越えて拡がるが、骨盤壁または、膣壁の下1/3には達していないもの

 IIa期:がんは膣壁に拡がっているが、子宮頸部の周囲の組織、
     すなわち子宮傍組織には拡がっていないもの

 IIb期:がんが子宮傍組織に拡がっているが、骨盤壁まで達していないもの

III期
 がんが骨盤壁まで達するもので、がんと骨盤壁との間にがんでない部分を持たないもの
 または膣壁浸潤が下方部分1/3を越えるもの

 IIIa期:がんの膣壁への拡がりは下方部分1/3を越えるが、
     子宮傍組織への拡がりは骨盤壁にまで達していないもの

 IIIb期:がんの子宮傍組織への拡がりが骨盤壁にまで達しているもの、
     または腎臓と膀胱をつなぐ尿管ががんによりつぶされ、水腎症や無機能腎を認めるもの

IV期
 がんが小骨盤腔を越えて拡がるか、膀胱・直腸の粘膜にも拡がっているもの

  IVa期:膀胱や直腸の粘膜へがんが拡がっているもの

  IVb期:小骨盤腔を越えて、肺のような遠隔臓器にがんの転移があるもの

                             「国立がんセンターがん対策情報センター」より


自分の病気を把握するのはとても辛いことですが、
しっかり受け止めて医師と相談しながら、治療をおこなってください。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:心と身体

【2007/07/04 04:25】 | 癌日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。